...
より良い体験を得るには、ブラウザをCHROME、FIREFOX、OPERAまたはInternet Explorerに変更してください。
日本の女性労働力は米国とヨーロッパを打ち負かす

日本の女性労働力は米国とヨーロッパを打ち負かす

グローバル投資銀行ゴールドマン・サックスの元副会長兼チーフジャパンストラテジストのキャシー松井氏によると、日本の女性労働力は増加しており、ヨーロッパや米国を上回っています。 彼女が作成した用語「Womenomics」は、女性が国の経済にもっと参加できるようにするための措置を講じた人気の元首相である安倍晋三によって歓迎されました。

彼女は、過去に運動する女性の数は少なかったと言いました。 この傾向は今日では異なります。 働く女性の割合は、パンデミック前は72%近くでしたが、米国では67%、ヨーロッパでは63%でした。 しかし、先進国と比較して、彼らが指導的地位を引き継ぐにはまだ障害があると彼女は述べた。 女性管理職の比率は15%であり、取締役会の女性の比率は一桁であると彼女は述べた。

松井氏は、雇用主は女性コミュニティに力を与え、女性コミュニティに権限の役割を与える責任があると感じるべきだと付け加えた。

サミラH.

トップ